大鹿一味唐辛子

クリックで画像を表示
馬のマークの大鹿一味唐辛子
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
1本、1本ハサミでカットして種を取りながら内部のカビもチェック。

原材料は長野県大鹿村の特産品、大鹿唐辛子。

大鹿唐辛子は辛味のなかに甘味のある全国的にも珍しい唐辛子です。この大鹿唐辛子の特徴を生かすために、辛味と風味がほとんどない唐辛子の種を取り除くことで、大鹿唐辛子の味を高めました。

また、外から見たのでは判らない唐辛子の内部に潜んでいるかもしれないカビもチェック。ハサミでカットしてみて、初めてカビを認めることもあります.

カビがあった場合、その箇所を切除。食品としての一味の安全性にも配慮しています。

種の除去とカビの部分の切除による廃棄率は58パーセント。唐辛子の重量の半分以上を廃棄してしまいますが、これにより辛いだけなく、美味しくて安全な一味ができあがります。

その後、風味をさらによくするのと、殺菌の意味も含めて焙煎し、粉末にします。

粉末にするさいの粉の粒子の大きさは、通常の一味よりも細かく粉砕してあります。ひと振りでスープや汁にさっと溶け込んでカプサイシンが広がると思います。

うどんカフェかわらしまが製造、販売している大鹿一味唐辛子は、「大鹿村お墨つき商品」認定。三遠南信地域連絡ビジョン推進会議「三遠南信特産品」認定。

長野テレビ「信州フォーカス」、NHK「イブニング信州」で紹介されました。

(内容量:15g)

今季、完売しました。